愛犬キャバリアのムギのお話


by mugi-biyori

5歳の心臓チェック

水曜日、ムギの心臓を診察しに病院に。

5歳になってワクチンを打ちに行った際、
近所のお医者さんで「かすかな雑音が聞こえる」と言われて
大変ショックを受けました。

とうとう恐れていたこの日が来てしまった。
キャバリアの心臓病は宿命だというのは分かってはいたものの
やはり受け入れられずショックでした。

とりあえず、レントゲン撮影をしてもらい
心臓肥大は見られなかったこともあり、薬なしで様子見すること数ヶ月。

その間、猛暑や季節の変わり目で嘔吐や下痢、血便が続き
別のお医者さんで心音を聞いてもらったときには
「雑音は聞こえません」と言われたりして

どっちが本当なんだ?と困惑することも・・・。

取り敢えずは心臓に良いと思われることを取り入れました。

ムギの場合は水分補給が極端に少なかったのでまずはそこから改善。
毎食ごとに野菜スープやお魚の煮汁を薄めたものをあげています。
時には心臓強化のためにハーブのホーソンを煮出したお茶を飲ませたりなど。

今回、ちゃんとした心臓の状態を知りたくて
いつものお医者さんではなく、循環器の専門医の先生に診ていただきました。

まずは聴診。
10分くらい丁寧に聴いていただきました。

その結果・・・
「雑音は聞こえないですね」と。
とりあえずホッ。

さて、ここからが大事。
超音波でムギの心臓がドクドク動いているのを初めて見る。
小さい心臓が休む事なくドクドク。

気になる、逆流は・・・
逆流は(左右ともに)ほんのちょっと見られるけど、
この程度だと正常範囲内とのこと。

弁のイメージですが
強い固いイメージでしたが
先生いわく、卵の薄皮と同じくらいなんだそう。
ムギの僧帽弁もやや変性が始まっていました。

今のところ、薬を飲む必要はないけど
やはりキャバリアということで3ヶ月に一回は
聴診を主とした心臓チェックをした方がいいとのことでした。
それ以外はいたって健康ちゃん!

この日は朝から絶飲絶食のムギ
家に帰ってぐったり。
f0214121_1644347.jpg


そうそう、体重が6kgに増えていました(汗)
食欲の秋ということでムギにもおやつを与えすぎちゃってたかも・・・ごめんよムギ。
ちょっとダイエットしなくちゃね。
f0214121_16454269.jpg

腹は減っては戦はできぬだね!(何の戦だ!?笑)

これからも心臓のことムギの体力のことを頭に置きながら
元気に楽しくムギとの生活をエンジョイできたらと思います。
f0214121_16492919.jpg


にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村
キャバリアランキングに参加しています。
↑上のムギの写真をクリックしてもらえると嬉しいです。
[PR]
by mugi-biyori | 2012-11-09 16:54 | 診察