愛犬キャバリアのムギのお話


by mugi-biyori

6歳の心臓チェック

6歳の誕生日を迎えて
循環器系の先生の所に心臓チェックにいってきました。

前回の記事はこちら「5歳の心臓チェック

前回は
聴診では「雑音なし」
超音波では「逆流はかすかにあるけど正常範囲内」「心肥大なし」とのことでした。

まずは聴診。
じっくり聴診すること10分

「右の心臓から雑音がよーく聞くとかすかに聞こえますね。
ただ、このレベルだとお医者様によっては
聞き逃す医者も多いです」とのこと。

続いては超音波。
ムギの可愛い心臓がドクドク。

「心肥大なし」
「前回より右側の逆流がちょっと増えていますね」

カラードップラーなので逆流部分は緑色に見える。
確かに緑色の筋みたいなのが時折サッと見えた。
左に関しても同様、ほんのちょっとだけ緑の点みたいなのが見えた。
ムギの場合、右側の三尖弁の方が若干進んでいました。

先生からは
心臓病のレベル6段階のうち1~2の間と言われました。

薬は今の段階では飲む必要はなし。
症状が出始めてから飲めばいいとのこと。
ただキャバリアなのでこの先、進行することも考えて
今の段階から血圧を下げるお薬などを飲む手もあると言われました。

6歳になったムギ。人間でいうと40歳。
今の所、元気いっぱい。
食いしん坊も相変わらずだし(笑)

元気なうちから薬を飲ませたくはないし
一度薬を飲ませるとずっと飲ませなくてはいけないと言われ
今回は見送りました。

これから定期的に心臓チェックを受けますが
進行していませんようにと願うばかりです。

f0214121_10411131.jpg


ちなみに体重は5.6kgでした。
痩せてました。
誕生月でイレギュラーな物を食べていたので
おやつセーブしたりしていたからかな?
おやつもっと食べれるね(笑)

早速おやつゲット(笑)
にほんブログ村 犬ブログ キャバリアへ
にほんブログ村
キャバリアランキングに参加しています。
↑上の写真をクリックしてもらえると嬉しいです。
[PR]
by mugi-biyori | 2013-03-07 10:51 | 診察